住宅ローン減税受け取り方はどうする?

日本国民は、所得があった場合に国に対して税金を納める義務があります。
会社員の場合は、所得があった人(給料を受け取っている会社員本人)が税務署に申告に行かなくても済むように、給料を渡す前に会社側で差し引いてから社員に支給しています。
いわゆる「天引き」ってやつです。
会社員は税金を天引きされているから、年度末の確定申告が不要なのです。
確定申告にはこのような「所得があった人の納税の報告」以外に「納めすぎた税金の返金申告(還付申告)」もあります。
住宅ローン減税の手続きも、この還付申告で行います。
この手続きは、勤務先の会社で行う年末調整(簡易手続)では行えないので、年度末に税務署へ出向き還付手続きのための確定申告を行わなければなりません。
尚、1度住宅ローンの減税手続きを済ませれば、次年度以降は年末調整で行えます。
住宅ローン審査通らない理由!審査基準甘い銀行は?【フラット35どう?】