住宅ローン借り換えで発生する支払い総額は?

住宅ローンの借り換えは、金利が低い住宅ローンに借り換えれば絶対に得をするというものではなく、場合によっては、借り換え先の金利が低くても支払い総額が増えてしまい損をするケースがあります。
これは、住宅ローンの借り換えをするにあたって、手数料や保証料、繰り上げ返済費用等の支払いが発生するためです。
つまり、住宅ローンの借り換えを成功させるためには、これらの支払い金額を超える額の金利差益が必要となります。
また、手数料や保証料、繰り上げ返済費用等は、金融機関ごとに設定が異なっているため、それぞれ個々に借り換えにかかる総額を計算しなければ、住宅ローン借り換えで得をするかどうかわかりません。
面倒だとは思いますが、住宅ローン借り換えで本当に得をしたいならば、きちんと他にかかる支払い金も視野に入れて、借り換え先を探すようにしましょう。