キャッシング限度額について

学生の頃、みんなが行く研修旅行があったんです。
両親に出してほしいと頼むのが気が重くて、学生でも借りられるというローンを申し込もうとしたことがあります。
ただ、学生だからどこでも借してくれるとは思えなかったし、キャッシング経験のある友人に聞いたらクレカの家族カードだと言われ、それでは自分には無理だと思い、借り入れしないで、母親に相談しました。
バイトしていても手一杯の状況でしたから、それでは到底、返済できませんよね。
恥ずかしい話ですが、あのときは知りもせず、無謀なことを考えたものだなと思います。
自分では大人だと思っていたけど、甘かったんでしょう。
あなたのお財布にはローンカードが入っていますか。
不景気のこの時代にあって、利用者はますます増加しているようです。
さてこのカードでお金を借りるとします。
厄介なのは限度額という決まりがあることで、仕事を持っている人には、総収入の3分の1までで抑えなければならない、総借入額の規制を定めた法律が施行されたことがあります。
カードの規制条件は、ローンカードだけのものではなくクレジットカードを含めたものなので、すべてのカードの、会社を超えた合算が必要で、契約中あるいは検討中まで含めた借入金が丸ごと決まってくるので例外はありません。
実際の話、法改正後全てのカードの利用可能額が減ったことで、混乱も見られたようです。
例えば、他の数枚のカードで合計50万円借りていて、一度も返済していない場合、総量規制で設定された額から50万円か、あればそこからの返済済み分を計算して差し引いた分がすぐにわかります。
年収さえ計算できれば、借りられる金額も常に明らかで、金銭感覚の欠如した人にも分かりやすいのではないでしょうか。
キャッシングの申し込み時は、キャッシング限度額もポイントになるものです。
希望限度額が50万円以下の時は、本人確認の為に運転免許証を示すだけで契約できるのがその理由です。
しかし、希望限度額が50万円を超したり、他社借入額と合算して100万円を超すと、所得証明を提出することになり、事務が多少繁雑になるのです。

三井住友銀行カードローンの審査の口コミって?